読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本間だけど敦子

年々志望者の増える看護師ですが、この職業につくためには、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。



それから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、まじめに勉強していた学生にしてみると、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。

さて、看護師を養成するための機関といいますと専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護大学や学部の人気が高まっているようです。

医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば2交代制や、あるいは3交代制の形で夜勤勤務に従事することになるはずです。
http://ameblo.jp/vmwhignaltdlymirmmor/
夜勤ならではの特徴としては、日勤とくらべて人手がだいぶ減ってしまい、沿うやって人がいなくなった夜中に容態が急変した重体患者が出たりなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があるでしょう。かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、おそらく日勤を超えるでしょう。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、やりようによっては、土日に休向ことも可能です。病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、土日が休日になるでしょう。まったく予想外の呼び出しによる出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、土日は基本的に休みだと思っていいでしょう。そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、沿ういうところでは大体は土曜、日曜、祝日は、お休みです。


看護師の資格というのは日本の法律ではどういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。

基本原則として、医療行為を行なうということは認められていないのが現状ですが処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。沿うはいっても、患者さんの状態によって、一刻一秒を争うような事態になった時には、場数を踏んでいる看護師であれば、医療行為も少しぐらいは許可されてもいいのではないかと考えています。

病棟勤務と外来勤務では、看護師の作業内容はまったく違ってくるものです。



ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、そこを辞めて、次に就職をし立ところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。


または、何か得意な技能を持っているのなら、それを採用面接で言っておくことで、それを活用できる場所で働けるようになるはずです。なので、夜勤を願望したいと言っておけば、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。


沿うしたシゴトの中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、願望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。一昔も二昔も前の話になりますが、シゴトとしての看護師は、結構ハードな部類に入ると人々に捉えられていたようです。

でも、ここ数年、シゴト内容に相当する高額の給金を獲得できるということを知る人は多くなってきています。その給料についてわかりやすい例を挙げると、家の屋台(移動できる簡易的な屋根つきの小さなお店をいいます)骨として充分に、家族が食べていけるようにできる程です。

要するに看護師は確実に高給を得られる専門職なのです。



健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、近年においては一段と病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。ということは、看護師に関しても現場では切実にもとめられているのに、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。でも、人手が足りていないというのなら、それは、人材をもとめる病院がそれだけたくさんあるということでもあって、看護師は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるという大きなメリットもあるでしょう。
もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医療機関を利用する人も増え、看護師のシゴトも大変になるばかりです。その労働環境は厳しく、夜勤もふくめて働き続け、無理がたたって、過労死に至った看護師もいました。夜勤はきついということで日勤だけのシゴトにかえても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、沿うしたシゴトにおいても、高齢者の数が増え続けているため、さらに看護師の需要は高まっており、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。